歓迎光臨
"eBX-1" - CANON BX-1 emulator for Win32

"eBX-1" is CANON BX-1 emulator for Win32.
This software is under GNU GENERAL PUBLIC LICENSE.

This software requires Windows Vista/7/8/8.1/10.

Download: Jump to Common Source Code Project



eBX-1 謎WIPページ

日本のパソコンの黎明期の1台。
構造計算に使われていたため、今でも現役で使っている設計事務所もあるみたいです。

解析資料はこちらです。



2021/2/7

ある程度動くようになりましたのでリリースします。
CP/M PlayerのWindows CE版用に作ったフォントをベースに、5x7のフォントを作成しました。
特徴的な字体だけ置き換えています。

起動時は電卓モード。
[SQR] [5] [=]と押すと、ちゃんと計算されますね。
LGT(X)とかLOG(X)とかEXP(X)とか、算術関数が豊富に用意されています。


BASICもサポートしています。
各キーにBASICの予約語が割り当てられていて、文法的に正しい入力しかできません。
[P]にFOR、[_]にTOが割り当てられていて、[P] [I] [=] [1] [_] [1] [0] [0]で上のようになります。
スペースも自動的に挿入されます。


画面が狭いので、表示された内容はプリンタに印字されるようになっています。
仮に、コンソール画面をプリンタに見立てて表示するようにしました。


ディスクに保存したプログラムの一覧を表示したところ。

プリンタに出力する処理がどれかは分かっているのですが、どこから呼ばれるかがまだ不明です。
現状は、エミュレータ側の処理で、プリンタに印字する内容のリングバッファを回しています。
タイマ?割り込みの中から呼ばれるはずなんですが…
DMAのCh.2と、メモリマップドI/Oの$E210-$E212辺りが胆かなー、といった感じです。



2020/12/13
8月頃にちょっとだけ作業を進めて、本業多忙で作業が滞っていたのですが。
せっかくなのでビルドが通るところまで進めておきます。
年末年始にもう少し作業が進められるといいなあ、といったところです。

FDCであるHD46503(MC6843)は、MAMEのものをベースとしました。
SEEK時間と、DRQ/INDEX HOLE周りのタイミングだけちょっと改良しています。
と言っても、まだFDCの動作確認ができるところまで進んでないんですが(苦笑)


起動すると、0と表示されます。
表示しているフォントは仮のものです。


多分?キーの入力があると、表示内容が変わりました。


実機はこんな感じで、ドットマトリックスで表示されます。
もうちょっとちゃんと動くようになったら、表示回りも改良したいと思います。