歓迎光臨
TAKEDA, toshiya's HOME PAGE

QEMU on Windows Operating system emulators: Old computer or game console emulators: Now working...
What's new (11/12/2022):
ePC-8801/mkII are updated
ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA and ePC-98XA/XL/RL/DO are updated
What's new (11/14/2022):
Common Source Code Project is updated
ePC-8801/mkII are updated
ePC-9801 is updated
What's new (11/17/2022):
ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA and ePC-98XA/XL/RL/DO are updated
What's new (11/20/2022):
Common Source Code Project is updated
Latest screenshots or pictures:

(11/14/2022 PC-8801-16 and MS-DOS version 1.25 on ePC-8801)



武田の総合謎WIPページ

連絡等は、メールまたはRetro PC Emulatorsさんの武田隔離スレッドまでお願いします。
2chの昔のPC板の各機種スレッドも覗いていますが、スレッドの趣旨に反しない範囲で。
(MZ-80B以降スレッドについては、私に関する話題はご遠慮ください)




中の人はこんな人です。

※ 漫画原作者の武田俊也氏とは同姓同名の別人です。
以前本気で間違われたことがありますので、念のため。



過去の更新履歴 [2004年] [2005年] [2006年] [2007年] [2008年] [2009年] [2010年] [2011年] [2012年] [2013年] [2014年] [2015年] [2016年] [2017年] [2018年] [2019年] [2020年] [2021年]


2022/11/20
Common Source Code Projectを更新しました。
8251について、リセット時に送信可能フラグが立つよう修正しました。
PC-9801RA21から吸い出したITF/BIOSでブートできるようになっているかと思います。

2022/11/17
ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98XA/XL/RL/DOを更新しました。
GDCのSCROLLコマンドでテキスト画面を分割した場合の処理を修正しました。
2020/12/18にEGCの修正をしましたが、いったん元の状態に戻しました。
その他、RAMウィンドウでFA0000h以降のアドレスにアクセスしようとしたときの修正や、
i386搭載機のA20ラインマスクを修正しています。

2022/11/14
Common Source Code Projectを更新しました。
8255のポートBのモード1の動作を修正しました。

ePC-8801/mkIIを更新しました。
PC-8801-16をサポートしました。(多謝多謝>某氏)
8086-8MHzが搭載された16bitボードで、MS-DOS V1.25が動作します。

ePC-9801を更新しました。
初代PC-9801において、常に2HD FDD I/Fが有効になるよう修正しました。
version 1.0のBIOSでブートするようになっているかと思います。

2022/11/12
ePC-8801/mkIIを更新しました。
400ラインモードが無効になっていたのを修正しました。
また、5インチドライブが切断されていると、エミュレータがクラッシュする問題を修正しました。
ご指摘ありがとうございます>UME-3様

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98XA/XL/RL/DOを更新しました。
メモリスイッチ周りを修正しました。

2022/10/14
EmuZ-2500を更新しました。
表示領域の縦方向スタートラインとエンドラインに対して同じ値を指定したときに、
常にVBLANK中と見做すように修正しました。
前回の変更で、MZ-2500版MAGICが動作しなくなっていたのが解決しています。

2022/10/12
EmuZ-700/800/1500を更新しました。
前回の更新で、割り込み周りがおかしくなっていたのを修正しました。
いぬふと様のGUNTUSが動くようになっています。

2022/9/30
Common Source Code Projectを更新しました。
Z80で、EIが連続して実行された場合に、更にその次の命令の実行が完了するまで、
割込みを受け付けないよう修正しました。
例えば、DI,EI,EI,DIと命令が並んだ場合、割込みは受け付けられません。

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98XA/XL/RL/DOを更新しました。
PC-9801シリーズにおいて、テキスト画面のスクロールレジスタを修正しました。
スクロールエリア外にごみが表示されたり、クラッシュする問題が解決しています。

2022/9/20
MS-DOS Playerを更新しました。
仮想マシン上でCOMSPECの値が変更された場合、COMMAND.COMにアクセスする際に、
COMSPECで指定されたパスを参照するようにしました。

2022/9/11
Common Source Code Projectを更新しました。
SCSIデバイスにおいて、ACK信号が立ち上がってデータを受け取った後、
REQ信号を立てるまでの遅延時間を修正しました。

eX1/twin/turbo/turboZにおいて、SCSI IDの異なるデバイスを交互にアクセスしたときの
安定性が向上しているかと思います。

2022/9/9
Common Source Code Projectを更新しました。
従来から、Z80では命令単位でなくサイクル単位で並行してイベントを駆動するようになっていましたが、
この機能の改良と高精度化を図りました。

EmuZ-2500を更新しました。
MZ-2000/80Bモードのサポート時に、PCG/漢字ROMのバンク切替が壊れていたのを修正しました。
また、4MHzのときのメモリやI/Oのアクセスウェイトを修正しました。
テキスト画面とグラフィック画面で、それぞれ別のコントローラに分かれていますが、
BLANK/SYNC信号の実装が、それぞれごちゃ混ぜになってしまっていたのを修正しました。
表示期間中にVRAMにアクセスしたときのウェイトの掛かり方も、より正しい実装になっているかと思います。

ePC-8801/mkII/MA, eX1/twin/turbo/turboZを更新しました。
JAST SOUNDの音質向上と音量を調整しました。(多謝々々>佐藤様)

2022/8/31
MS-DOS Playerを更新しました。
プロセス起動時のPSPについて、第1および第2のFCBの内容をセットするようにしました。
最初のプロセス起動時と、INT 2Eh, INT 2Fh AX=AE01hについて対応しています。

2022/8/30
EmuZ-80B/2200を更新しました。
SFTLOCKキーの割り当てを、CapsLockキーからCtrlキーに変更しました。
コントロールコードの入力がし易くなっているかもしれません。

EmuZ-2500を更新しました。
もの凄く今更な感じですが、MZ-2000/80Bモードをサポートしました。

2022/8/27
Common Source Code Projectを更新しました。
NP21のI386コアのFPUを修正しました。
また、SCSIデバイスについて、INQUIRYコマンドでデバイスリビジョンを返すよう修正しました。

EmuZ-700/800を更新しました。
MZ-700において、MZ-1E05, MZ-1E14, MZ-1R12をサポートしました。
MZ-800について、VRAM/PCGのアクセスウェイトを掛けるようにしました。

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98XA/XL/RL/DOを更新しました。
メモリスイッチの内容を保存するようにしました。
またディップスイッチのSW2について、メニューから変更できるようにしました。

2022/8/15
MS-DOS Playerを更新しました。
BEEP音を連続して発声したとき、再生が止まらないように修正しました。
NP21/WのI386コアについて、FPUタイプをSOFTFLOATからDOSBOX2に変更しました。
またDOSBOXのFPU_ST80()について、NaN/INFのケースを考慮して修正しました。

2022/7/27
Common Source Code Projectを更新しました。
Windowsがシャットダウンされる際に、エミュレーションコアを開放するようにしました。

2022/7/21
MS-DOS Playerを更新しました。
BEEP音の再生をサポートしました。
システムポートのbit0,1がオンのとき、PITのCh.3のカウント値に応じた周波数で再生します。

2022/7/9
EmuZ-700/800/1500を更新しました。
MZ-700のPALバージョンをサポートしました。
またCRTC周りの信号のタイミングを改良しました。

2022/7/8
Common Source Code Projectを更新しました。
Intel 8251のRTS信号をサポートしました。

ePC-8801/mkII/MA, eX1/twin/turbo/turboZを更新しました。
JAST SOUNDをサポートしました。ああーん。

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98XA/XL/RL/DOを更新しました。
RS-232C接続のMIDI音源をサポートしました。

2022/7/3
Common Source Code Projectを更新しました。
東芝のZ80+Z80CTC+Z80SIO+Z80PIO複合チップ、TMPZ84C015をサポートしました。
MIDIポートデバイスやアナログ入力のスピーカデバイスをサポートしました

ESP企画 TRNジュニアのエミュレータ、eTRNJuniorをリリースしました。
トランジスタ技術SPECIAL No.29 特集 マイコン独習Z80完全マニュアルで制作されたワンボードマイコンです。

2022/7/1
MS-DOS Playerを更新しました。
シリアル通信周りの改良を行いました。

2022/6/8
Computer Research CRC-80エミュレータのeCRC-80をリリースしました。

2022/5/29
Emu23を更新しました。
疑似ROMフォントを内蔵しました。現在のところ、JISのみの対応です。

2022/5/28
Common Source Code Projectを更新しました。
MB8877について、ディスクが交換されたことを取得する関数を追加しました。
Z80CTCについて、外部クロックがCPUの1クロックの整数倍でない場合の精度を向上しました。

Emu23を更新しました。
安定性の向上を図ってみました。
その他、色々調査で分かった内容を反映しています。

2022/5/25
Common Source Code Projectを更新しました。
MB8877でレディー信号を出力できるようにしました。
Z80CTCで、タイマーイベントが突き抜けて、カウンタがマイナスになり得る問題を修正しました。
Z80SIOの受信割り込みを修正しました。YAT様のパッチを取り込んでいます。多謝多謝。
キーボードのLEDなど、任意のインジケータをステータスバーに表示できるようにしました。

SORD M23エミュレータのEmu23をリリースしました。

eMYCOMZ-80Aを更新しました。
動作確認できていませんが、フロッピードライブをサポートしてみました。
また従来より公開していた取扱説明書に、回路図のページのスキャンを追加しました。

2022/5/7
Common Source Code Projectを更新しました。
i8080/i8085の割り込み処理を修正しました。
HALT中に割り込みが発生して、割り込みベクタとしてCALL/RST命令が発行されたときに、
PCの値がインクリメントされないままPUSHされるケースがありました。

東芝 EX-80BSエミュレータのeEX-80BSをリリースしました。
従来のeEX-80はeEX-80BSに統合される形になります。

2022/4/9
Common Source Code Projectを更新しました。
内蔵デバッガで、CMT/FD/QD/HDをマウント・アンマウントするコマンドをサポートしました。
また、VC++2019でビルドしたときのワーニングを修正しました。(多謝>Meister氏)

ePC-8801MAを更新しました。
2HDアクセス時に、アクセスランプを緑色で表示するようにしました。

eSMC-70/777を更新しました。
ジョイスティックポートやグラフィック画面の描画処理を修正しました。
うちのタマ知りませんかが動くようになっています。

2022/4/5
Common Source Code Projectを更新しました。
ステータスバー上のFDDのアクセスランプの色を変更する仕組みをいれました。
Z80DMAでEnable After RETIコマンドをサポートしたのと、
WR3を変更したときにInt on Readyで割り込みが掛かるように修正しました。
スリープ復帰などでDirect3D9のデバイスがロストした場合に再初期化するようにしました。
X1センターの佐藤様のパッチを取り込ませていただきました、多謝多謝です。
また内蔵デバッガについても、save/load_stateコマンドやTelnet接続のサポートをしています。

eX1/twin/turbo/Zを更新しました。
X1turboで2HDアクセス時に、アクセスランプを緑色で表示するようにしました。
またX1/twinで、画面が下に2ドットずれて表示される問題を修正しました。
サウンド生成周波数に、48000Hzの代わりに62500Hzを指定できるようにしました。

CASIO FX-9000PエミュレータのeFX-9000Pをリリースしました。
2008年に実機を入手していたのですが、ようやく実装することが出来ました。

3年ぶりの国際ロボット展が終わって、ようやくちょっと作業を進められました。

2022/1/1
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



2021年の総括

全ての国産PCのエミュレータを開発しようと始めたこの活動も、今年で18年目となりました。
2年ぶりに帰省して、両親に久しぶりに孫の顔を見せることができて、ほっと一息。
紅白でマツケンサンバとドラクエ3を聴きながらこれを書いてます。

2021年はとにかく本業が超多忙な1年でした。
週末もほぼ会社にいるというか、通年で残業時間が上限すれすれだったというか(苦笑)
ここまで更新できない年は初めてでした。

それでも今年はMP-85とBX-1をリリースすることが出来ました。
技術的にはどうということもありませんが、BX-1という黎明期のマシンを再現できたのは喜ばしい限り。

最近、ヤフオクでFM16βのハードウェア仕様書を入手しました。
帰省先にも持って帰ってきて、ぽちぽちソースにコメントを追加しながら実装の再確認中です。
来年こそはちゃんとリリースに持っていきたいなと思います。

本業ですが、来年も多分こんな感じです。
まずは活動を継続していくことを優先で。
無理のない範囲で、ぼちぼち進めていければいいかなと思います。