歓迎光臨
TAKEDA, toshiya's HOME PAGE

QEMU on Windows Operating system emulators: Old computer or game console emulators: Now working...
What's new (6/22/2017):
Common Source Code Project is updated
ePC-8001mkIISR, ePC-8801MA, and ePC-98DO are updated
Latest screenshots or pictures:


(5/20/2017 YIS GRAF on eYIS)


(6/22/2017 Romaji to Kana on ePC-8801MA)



武田の総合謎WIPページ

連絡等は、メールまたはRetro PC Emulatorsさんの武田隔離スレッドまでお願いします。
2chの昔のPC板の各機種スレッドも覗いていますが、スレッドの趣旨に反しない範囲で。
(MZ-80B以降スレッドについては、私に関する話題はご遠慮ください)




中の人はこんな人です。

※ 漫画原作者の武田俊也氏とは同姓同名の別人です。
以前本気で間違われたことがありますので、念のため。



過去の更新履歴 [2004年] [2005年] [2006年] [2007年] [2008年] [2009年] [2010年] [2011年] [2012年] [2013年] [2014年] [2015年] [2016年]


2017/6/22
Common Source Code Projectを更新しました。
カナキーをローマ字変換で入力する機能をサポートしました。
メニューのControl - Romaji to Kanaか、アプリケーションキーで有効・無効を切り替えます。
また、Alt+Ctrl+Enterで、フルスピード動作の有効・無効を切り替えられるようにしました。

uPD765Aのドライブステータスを正しく取得できない不具合を修正しました。
YM2203に対して、YM2608のレジスタを操作したときの処理を修正しました。
i86/i286コアに、MAME 0.150〜0.185の変更を反映しました。

ePC-8001mkIISR, ePC-8801MA, ePC-98DOを更新しました。
RPE避難所で配布されている、ePC-8801MAの改造版の修正を取り込みました。

2017/6/16
MS-DOS Playerを更新しました。
今回も、あまり使われなさそうなサービスの追加や修正を行いました。
細かいコード整理も行っています。

2017/6/9
MS-DOS Playerを更新しました。
更に、あまり使われなさそうなサービスの追加を行いました。

2017/6/7
MS-DOS Playerを更新しました。
例によって、あまり使われなさそうなサービスの追加を行いました。

2017/5/31
MS-DOS Playerを更新しました。
i86/i286コアに、MAME 0.150〜0.185の変更を反映しました。
その他、あまり使われなさそうなサービスの追加、修正を行っています。

2017/5/28
Common Source Code Projectを更新しました。
フルスピードでエミュレーションを実行する機能を追加しました。
このとき、画面については仮想マシン内時間で1秒に1回更新されます。
i386コアを、MAME 0.185相当にアップデートしました。

MS-DOS Playerを更新しました。
i386コアの修正漏れがありました。
これで最新のMAME 0.185相当になっているかと思います。

2017/5/26
MS-DOS Playerを更新しました。
Drive Parameter Block関係の処理を修正しました。
INT 67h, AH=4Fhを修正しました。
キーバッファの処理を改良しました。
i386コアを、MAME 0.184相当にアップデートしました。

2017/5/24
MS-DOS Playerを更新しました。
i386コアがおかしくなっていたのを修正しました。
CPUリセット後に、0040:0067に指定されたアドレスにジャンプするように修正しました。
INT 10h, AH=0Ch/0Dhをサポートしました。

2017/5/20
eX1turboZを更新しました。
ハイレゾ80桁のとき、多色モードでなくても多色パレットで画面を描画するよう修正しました。

eYISを更新しました。
PU-1-20のグラフィックコマンドをサポートしました。

2017/5/17
eX1turboZを更新しました。
4096色モードや、64色モード2画面の重ね合わせなどを修正しました。

X1センターの佐藤様に検証用プログラムを作成いただきました。
いつもありがとうございます。

2017/5/15
X1turboZエミュレータのeX1turboZをリリースしました。
よろしければ、64色/4096色モードの確認をしていただけますと、大変助かります。

X1turboZの多色モード周りの情報は、X1センターの佐藤様に教えて頂きました。
まことにありがとうございます。

2017/5/13
YISエミュレータのeYISをリリースしました。
ご協力いただきましたヤマハ株式会社様と守谷様に感謝を。

Common Source Code Projectを更新しました。
専ら、YIS絡みの新規デバイスの追加を行っています。
また、eFM77AVなどで、無駄にウィンドウをセンタリングしていたのを修正しました。

2017/4/16
Common Source Code Projectを更新しました。
幾つかの機種でサウンド周りの不具合のご報告をいただきましたので、
取り急ぎIOおよびSN76489ANの修正を元に戻したバイナリをリリースします。

2017/4/15
Common Source Code Projectを更新しました。
デバッガにおいて、ブレークした原因が正しく表示されない不具合を修正しました。
また、SN76489のI/Oウェイトをサポートしました。

EmuZ-700, EmuZ-800, EmuZ-1500を更新しました。
CPUクロックおよび垂直同期周波数を、より正確な値に修正しました。

2017/4/2
Common Source Code Projectを更新しました。
主に、仮想マシン側の設定と、ホスト側の設定に分けて整理しています。
また、ステートセーブを10個まで保存できるようにしました。
カテゴリ毎にサブメニューに纏めることで、これまでよりすっきりしているかと思います。

eEX-80を更新しました。
TV画面の表示を消すことができるようにしました。

2017/3/30
Common Source Code Projectを更新しました。
HuC6820, i8080, MCS48のデバッガにおいて、シンボルに対応しました。
M6502のデバッガを追加しました。
また、_UNICODEの場合のビルドエラーを多数修正しました。
その関係で、COMMONにchar, wchar_t, _TCHARの相互変換用の関数を追加しています。

eFamilyBASICを更新しました。
デバッガーに対応しました。
eBabbage-2nd, eYS-6464Aを更新しました。
デバッガおよびステートセーブに対応しました。

2017/3/28
Common Source Code Projectを更新しました。
MC6800, MC6809, TMS9995, uPD7801, Z80のデバッガにおいて、シンボルに対応しました。
Kei Moroboshi様よりご提供いただいたパッチを、多少整理して取り込ませて頂きました。
多謝多謝です、HuC6280の対応はまた後日にでも。

シンボル対応の詳細については、ePyutaの記事をご参照ください。

2017/3/26
eFamilyBASICを更新しました。
牧村製作所様のMMC5/VRC7 BASICをサポートしました。

Common Source Code Projectを更新しました。
eFamilyBASIC用に、YM2413のミュート信号を追加しています。

2017/3/20
Common Source Code Projectを更新しました。
zlibを組み込んで、gzip形式の読み込みをサポートしました。
現状では、データレコーダおよびCD-ROMのイメージの読み込みでのみ使用できます。
データレコーダでT77形式のセーブをサポートしました。
ステータスバーのチラつきを抑制するため、更新周期を下げました。

eBASICMasterJrを更新しました。
テープレコーダの音が再生されない不具合を修正しました。

eFM8, eFM7, eFM77を更新しました。
320KB/1MBのFDDの接続を指定するメニューを追加しました。(ご指摘多謝>Artane.様)

2017/3/18
Common Source Code Projectを更新しました。
TK-80BS用に、テープレコーダを複数サポートできるようにしました。

eBASICMasterJrを更新しました。
テープレコーダをサポートしました。

eTK-80BSを更新しました。
TK-80仕様のテープレコーダをサポートしました。

2017/3/15
Common Source Code Projectを更新しました。
ウィンドウにステータスバーを追加しました。
ドライブのアクセスランプや、CMTの動作状況の表示用です。
従来クライアント領域の右下に表示していたアクセスランプは廃止しています。

eHC-20を更新しました。
TF-20のCPUのデバッグが出来ない不具合を修正しました。

JR-800エミュレータのeJR-800をリリースしました。
PockEmulのJR-800ドライバを参考にしています。

2017/3/12
Common Source Code Projectを更新しました。
CMTの早送りの音が止まらない場合がある不具合を修正しました。

2017/3/11
Common Source Code Projectを更新しました。
機械的なノイズを再生する機能をサポートしました。

エミュレータの実行ファイルと同じディレクトリにある、
FDDのシーク(FDDSEEK.WAV)、ヘッドの上げ下げ(HEADUP/HEADDOWN.WAV)、
CMTのリレーのオン・オフ(RELAY_ON/RELAYOFF.WAV)、早送り(FAST_FWD.WAV)、
の各WAVファイルが再生されます。
ボリューム調整は、FDDとCMTのそれぞれの音を一括で変更します。

EmuZ-80B, EmuZ-2200を更新しました。
Suga様から頂いた、VGATE信号のパッチを取り込みました。

2017/3/8
Common Source Code Projectを更新しました。
yayaMSX1, yayaMSX2, ePX-7を更新しました。
MSX2+, HX-20, FS-A1エミュレータのyayaMSX2+, yayaHX-20+, yayaFS-A1をリリースしました。
umaiboux様から頂いたパッチを取り込んでいます。

eFMR-30を更新しました。
8086と80286のバイナリをビルドするようにしました。

2017/3/7
Common Source Code Projectを更新しました。
Artane.様の更新の取り込みの続きとして、各マシン固有デバイスのデバイス名を追加しました。
また、シフト+Caps Lock/ひらがな/全角キーを検出できるよう修正しました。

EmuZ-80B, EmuZ-2200を更新しました。
Suga様から頂いた、PIO-3039のパッチを取り込みました。

2017/3/4
Common Source Code Projectを更新しました。
また、eFM8, eFM7, eFM77, eFM77AV, eFM77AV40, eFM77AV40EXを更新しました。
Artane.様の最近の更新を取り込んでいます。

2017/3/1
Common Source Code Projectを更新しました。
デバッガに<コマンドを追加しました。
ファイルから複数のコマンドを読み込んで実行することができます。
また、ウイルスの誤検出対策として、今回からビルド環境をVC++2008に戻しています。

eX1, eX1twin, eX1turboを更新しました。
X1センターの佐藤様より頂いたパッチを取り込みました。

MS-DOS Playerを更新しました。
"COMMAND.COM /C (program)"を起動する際の、パイプのチェックの処理について、
"<", ">"だけでなく、"0<", "1>", "2>"もチェックするように修正しました。
また、-iオプションを指定したときの、不正なオペコードを無視する処理を改良しました。

2017/2/28
MS-DOS Playerを更新しました。
子プロセスとして、"COMMAND.COM /C (program)"を起動する際の処理を修正しました。
また、プリンタポートやシリアルポートの微修正を行いました。

2017/2/26
MS-DOS Playerを更新しました。
プリンタポートをサポートしました。
シリアルポートをファイルとして開く機能をサポートしました。

2017/2/23
MS-DOS Playerを更新しました。
キーが押されたときにBIOSデータエリア内のカーソル位置の情報を更新したり、
マルチバイト文字を考慮してバックスペースキーを処理するように修正しています。

2017/2/22
MS-DOS Playerを更新しました。
文字ま・文字列入力のDOSサービスを改良して、待機中もCPUを回すようにしました。
タイマ割り込みの動作が改善しています。
また、DR-ROSのCOMMAND.COMが起動するようになりました。
18:00にアーカイブを更新しましたので、必要に応じて再ダウンロードをお願いいたします。

2017/2/21
MS-DOS Playerを更新しました。
バックスペースキーやエスケープキー、マウスBIOS周りを修正しています。

2017/2/18
MS-DOS Playerを更新しました。
藤田様から頂いたパッチを取り込んだり、Ctrl-Break/Cの処理を改良したり、
メモリ管理を修正したり、自分用に内蔵デバッガを追加したり、色々です。

2017/2/9
Common Source Code Projectを更新しました。
ワンボードマイコンのボタンに画像を貼りつけられるように改良しました。

TK-85エミュレータのeTK-85をリリースしました。
また、eBabbage-2nd, eEX-80, eSM-B-80TE, eTK-80BS, eYS-6464Aを更新しました。

2017/2/2
MS-DOS Playerを更新しました。
COMMAND.COM上でエラーメッセージを表示できるように修正しました。
int 67h, AH=57h(EMS転送)を修正しました。
その他、環境変数の読み込みやリソース開放など、細々とした修正をしています。

2017/1/31
MS-DOS Playerを更新しました。
主にEMS周りの修正をしています。
また、ビルド環境をVC++2013からVC++2008に戻しました。

2017/1/1
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。

MS-DOS Playerを更新しました。
Windows XP向けにリビルドしました。



2016年の総括

全ての国産PCのエミュレータを開発しようと始めたこの活動も、今年で13年目となりました。
unofficial nesterを開発していた当時は24歳だった私も、とうとう40歳です。
みんなでMZ-700で盛り上がっていたのも2008年ですか、年を取ったなーとしみじみ感じてます。

2歳になった下の娘が絶賛イヤイヤ期で、最近は中々大変です。
5歳になった上の娘は余りお肉が好きじゃなくて、下の娘はお肉しか食べたがらなくって。
二人とも、お魚さんは結構よく食べてくれるから助かります。
年賀状の印刷業者を変えたのですが、インクジェットプリンタ用のテカテカなやつでなくて、
普通の官製はがきだったので、写真の印刷品質がいまいちだったのが残念。
来年は元の業者に戻そうかなあと思案中ですが、デザインがマンネリでしてねえ。

今年は新ネタとして、PC-2001、SMC-70、ヤルキー、SM-B-80TEをリリースしました。
また、Artane.様の実装されたFM-8、たなむ様の実装されたColecoVisionを取り込みました。
これでやっと85機種ですね。
ヤルキーについては、殆ど反響がありませんでしたが、ただでさえWeb上に情報のないこの機種、
どのような代物だったのかの記録を残すことができて良かったと思います。
この界隈での立ち位置というか、自分に期待されているのは何かを再確認できました(を

今年の技術的なトピックは、SCSIバスの実装が進んだことでしょうか。
主にFMR-30/50/60のハードディスク用なのですが、疑似BIOSを経由せず、がちんこでドライブ類を
サポート出来たのは嬉しかったです。
また、副産物として、PC EngineのCD-ROM^2のサポートもあわせて出来たのは幸いでした。
The Manholeは中学時代に遊んだ思い出のソフトだったので、自分の実装したエミュレータで
遊べるようになったのは感無量でした。

今年は、どちらかと言うと、MS-DOS Playerの方が作業が進みました。
EMS/XMS、マウス、シリアルポートをサポートした他、コマンドファイルをmsdos.exeに埋め込んで
単体バイナリ化する機能をサポートしました。
新機能以外にも、細かい挙動の改良も色々と進みました。
海外の有名なIT系ニュースサイトで紹介されたため、海外でもにわかに注目を受けたみたいですね。

今年は本当に忙しい1年でした。
本業がとにかく忙しくて、休日(しかも40歳の誕生日)の夜に、海外支社からの連絡で呼び出されて、
お酒飲んでたから運転代行で出社して、そのままほぼ2徹とか(苦笑)
去年の総括で、「ご要望のある方は是非お知らせください」なんて書いておいて、メールの返事すら
全然出来ていませんでした、本当に申し訳ございません。m(_ _)m
来年も本業が忙しいのが確定しているのですが、昨今の社会情勢から、残業規制が厳しくなったため、
プライベートな作業時間はそこそこ取れるといいなあと思います。

2017年ですが、毎年やるやる詐欺になっている16bit機を今度こそ何とかしたいと思いますが、
本業や私生活もありますので、無理せずぼちぼち活動を継続していければと。

来年も頑張りますので、また一年お付き合いいただけましたら幸いです。