歓迎光臨
TAKEDA, toshiya's HOME PAGE

QEMU on Windows Operating system emulators: Old computer or game console emulators: Now working...
What's new (5/5/2018):
MS-DOS Player for Win32-x64 is updated
What's new (5/6/2018):
Common Source Code Project is updated
ePC-8001mkIISR, ePC-8801MA, and ePC-98DO are updated
ePC-98XL is newly released
ePC-9801RA is updated
eX1, eX1twin, eX1turbo, and eX1turboZ are updated
What's new (5/24/2018):
Common Source Code Project is updated
eBUBCOM80 is newly released
eFM8/7/77/77AV/77AV40/77AV40EX are updated
eFMR-30 and eFMR-50/60/70/80 are updated
EmuZ-2500 is updated
ePC-9801VX/RA and ePC-98XL/RL are updated
eX1, eX1twin, eX1turbo, and eX1turboZ are updated
Latest screenshots or pictures:

(5/24/2018 BUBCOM Extended Plus BASIC Ver 1.2 on eBUBCOM80)


(5/24/2018 SASI HDD on ePC-9801RA)


(5/24/2018 SASI HDD on eX1turboZ)



武田の総合謎WIPページ

連絡等は、メールまたはRetro PC Emulatorsさんの武田隔離スレッドまでお願いします。
2chの昔のPC板の各機種スレッドも覗いていますが、スレッドの趣旨に反しない範囲で。
(MZ-80B以降スレッドについては、私に関する話題はご遠慮ください)




中の人はこんな人です。

※ 漫画原作者の武田俊也氏とは同姓同名の別人です。
以前本気で間違われたことがありますので、念のため。



過去の更新履歴 [2004年] [2005年] [2006年] [2007年] [2008年] [2009年] [2010年] [2011年] [2012年] [2013年] [2014年] [2015年] [2016年] [2017年]


2018/5/24
Common Source Code Projectを更新しました。
ハードディスクのイメージハンドラをサポートしました。
SCSI HDDをイメージハンドラを使用するよう修正しました。
SASI HDDのSPECIFYコマンドをサポートしました。
i8237のVERIFY動作を修正しました。
COMMON周りやMC6809などについて、Artane.さんの2018/5/10までの修正を取り込みました。
MB8877については、YISの動作に問題があったため取り込みを保留しています。

BUBCOM80エミュレータのeBUBCOM80をリリースしました。
これで遂に100機種目に到達です、Ураааааааа!!

eFM8/7/77/77AV/77AV40/77AV40EXを更新しました。
Artane.さんの2018/5/10までの修正を取り込みました。

eFMR-30, eFMR-50/60/70/80を更新しました。
EmuZ-2500を更新しました。
ePC-9801VX/RA, ePC-98XL/RLを更新しました。
eX1, eX1twin, eX1turbo, and eX1turboZを更新しました。
専ら、SASI I/FおよびSASI HDDの実装または再実装しています。

2018/5/6
Common Source Code Projectを更新しました。
ステートセーブのファイルをgzipで圧縮するようにしました。
i386コアを、MAME 0.197相当に更新しました。
uPD765Aについて、ディスクの密度をチェックするようにしました(多謝です>PC8801MA改)

デバッガでCPU以外のデバイスを操作できるようにしました。
詳細は、BLOGのこちらの記事をご参照ください。

ePC-8001mkIISR, ePC-8801MA, ePC-98DOを更新しました。
テキスト画面の、アンダー/アッパーバーを修正しました。

PC-98XLエミュレータのePC-98XLをリリースしました。
これで99機種目です。
100機種目はP6オフでお披露目するのを目標に進めています。

ePC-9801RAを更新しました。
NEC形式のEMSをサポートしました。
また、SASI/SCSI/IDE BIOSのバンク切り替えをサポートしました。

eX1, eX1twin, eX1turbo, eX1turboZを更新しました。
CAPS LOCK時にE+Rを押すと、カナロック=ONと誤認される問題が修正されています。

2018/5/5
MS-DOS Player for Win32-x64を更新しました。
i386コアを、MAME 0.197相当に更新しました。

2018/3/1
PC-98RLエミュレータのePC-98RLをリリースしました。
将来のPC-98RLの実装、とか言いつつ、一晩で動いちゃいました(苦笑)

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX/RA, ePC-98DOを更新しました。
魔道物語1-2-3の画面化けが修正されています。

2018/2/28
Common Source Code Projectを更新しました。
i386コアのmov_r16_rm16命令でリミットチェックをするよう修正しました。
またデバッガ周りの修正を行いました。

PC-9801RAエミュレータのePC-9801RAをリリースしました。
将来のPC-98RLの実装のための、386機の実装テスト用です。

2018/2/27
Common Source Code Projectを更新しました。
i8237のバンクレジスタ、インクレジスタマスクの設定を修正しました。

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX, ePC-98DOを更新しました。
アナログパレットの配列長が間違っていたのを修正しました。

2018/2/25
Common Source Code Projectを更新しました。
2D/2DDのドライブに2DD/2Dのディスクを挿入した場合の処理を改良しました。
メディアの種類で最大トラック数を決めていたのを、ドライブの種類で決めるようにしています。
これに従い、ドライブの種類を曖昧にしていた機種について、ドライブの種類を確定したり、
ドライブの種類を切り替えられるようにしました。

EmuZ-80B, EmuZ-2200では、2Dと2DDを指定できるようにしました。
また、CPUのクロックとして、4MHzと6MHzを指定できるようにしました。

ePC-100でも、2Dと2DDを指定できるようにしました。
それに伴い、I/Oポートの22hにあるディップスイッチの値が変わるようにしました。

eFMR-30, eFMR-50/60/70/80では、
I/Oや疑似BIOSでの2DD/2HD切り替え、メディアの種類の取得をサポートしました。

EmuZ-2800でも、I/Oでの2DD/2HD切り替えをサポートしました。

eX1turbo, eX1turboZでも、I/Oでの2D/2DD/2HD切り替えをサポートしました。
また、ディップスイッチで、2D/2HDに加えて、2DDを指定できるようにしました。

PC-98LT/HAだけ、まだハード的な2DD/2HDの切り替えがうまくいっていません。
この機種だけ、まだドライブの種類を曖昧にしたままとなっています。

2018/2/23
Common Source Code Projectを更新しました。
uPD765AのST3の値を修正しました。

ePC-9801/E/U/VF/VM/VX, ePC-98DOを更新しました。
DMACのTC信号をFDCに接続するよう修正しました。

2018/1/9
eFM16βのページを更新しました。
取り敢えずCP/M-86やF-BASIC86がブートするようになりました。

2018/1/3
eFM16βのページを更新しました。
ブートエラー画面が出るところまで進みました。

2018/1/2
eFM16βのページを作成しました。
システムエラー画面が出るところまで実装が進みました。

2018/1/1
新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。



2017年の総括

全ての国産PCのエミュレータを開発しようと始めたこの活動も、今年で14年目となりました。
また総括を書く日が来たんだなーと、紅白を聴きながらしみじみと感じます。

早いもので、この春には上の娘が小学校、下の娘が幼稚園です。
上の娘が通っている幼稚園が最近大人気で、入園の可否が抽選になってしまったのですが。
かみさんが何とか当たりくじを引いて、下の娘も同じ幼稚園に通えることになって一安心です。
秋には上の娘が数えで7歳、下の娘が実年齢で3歳ということで、まとめて七五三もやりました。

今年は新ネタとして、TK-85、JR-800、YIS、X1turboZ、PC-9801VXをリリースしました。
単純に機種名でカウントして、これで95機種ですね。
年末にFM-16βをリリースするために頑張ってみましたが、間に合いませんでした(苦笑)
来年には100機種いきたいところですが、はてさて。

今年の最大のトピックは、やっぱりYISをリリースできたことですね。
守谷さんのブログで、突然YISの写真集が公開されたのも記憶に新しいですが、
実はその前年にヤフオクでジャンク品を落札して、守谷さんに調査のため預かって頂いてました。
その後、守谷さんの伝手で、ヤマハ株式会社様に資料提供等、多大なご協力を頂きまして、
無事エミュレータをリリースすることができました。
日本のパソコン史でも重要な機種ですので、本件に関わることができて感無量でした。
これまで、各メーカ様の御黙認の上でエミュレータの開発を続けてきましたが、
メーカ様からこれ程のご協力を頂くのは初めてで、その意味でも感無量です。
長年この活動を続けてきて、本当に良かったです。

今年の技術的なトピックは、MS-DOS PlayerのPC/AT仮想マシンとしての再現性向上でしょうか。
マドリード工科大学のPedro Pablo Lopez Rodriguez教授が教育用に開発された、
SO1というオペレーションシステムが動作するように、BIOSやI/Oに随分と手を入れました。
また、金野様にご協力いただいて、VZエディタの動作についても改善することができました。

X1turboZについても、X1センターの佐藤様から度々詳細なレポートを頂きまして、
かなり細かいところまで再現性を向上することができました。
PC-8801MAも、某スレッドで不具合情報を頂いて、幾らか改良を進めることができました。
やっぱり、使い込んでくださる方がいらっしゃると、開発側としても本当に助かります。

2018年ですが、まずはFM-16βを最優先で作業を進めたいと思います。
その後は、作業中のままになっているハイレゾ98辺りを進める感じでしょうか。
ブログの方でコメントを頂いている件も、できるだけ順次進めていきたいところです。
(お待たせしてしまって申し訳ありません)
Artane.さんとのソースの統合も進めていかないといけませんね。

来年も頑張りますので、また一年お付き合いいただけましたら幸いです。